恋人と同棲をするときには美意識を持ち続ける事が大事です。

makeup.jpg

一緒に生活をするようになりますと段々と美意識がなくなっていき、
だらしない恰好でも平気でいられるようになります。
しかしそれが当たり前になりますと相手に対して異性の魅力が感じられなくなるのです。
ですので同棲しても美意識は持ち続けるようにしてください。

とは言っても決して家の中でもデート用の服を寝るまで着用しなければいけないわけではありません。
部屋着でもオシャレなものを選ぶといいでしょう。
汚いものを着用するのはやめてください。

それから身だしなみを整えることも大事です。
髪の毛がぼさぼさであったり女性の場合はすっぴんのままでいるのはよくありません。
だらしなく見えてしまいます。

あくまでも最低限の女性としてのマナーをつけましょう、ということです。
恋人は家族でも兄弟でもありません。
あなたのことを女性として魅力があると思ってみているのです。
例えば、浴室にカミソリがおいてあるとしたら彼氏はどう思うでしょうか?
自宅では普通にやっていることですが、ここはマナーとして女性としてふるまうべきです。
毎日の処理が面倒なら、京都で人気の脱毛などを利用するのも良いでしょう。
自分が一女性である、ということを自覚しておきましょう。

24時間常に美意識を持ち続ける事に苦痛を感じることもありますが、
それなら最初からそれぞれの個室を作るのがいいでしょう。
同棲の場合個室を作らないことも多いのですが、
個室があればその空間の中ならだらしない恰好をすることもできます。
ストレスもたまらないのです。

いずれ同棲をしていた方は結婚へとシフトチェンジをすることもありますが、
美意識を持つことは結婚してからも続けなければいけません。
これは浮気の防止にも役立ちます。

相手に異性としての魅力を感じなくなりますとどうしても他のきれいな人に目がいってしまうものです。
きれいな恋人や配偶者なら相手も同じように美意識を持つと思いますし
夫婦ともどもだらしなくなることを防げます。

意中の男性を射止めたい、彼氏はいるけどもっと自分に夢中になって欲しい!
そのような女性は少なくないと思います。
昔から「男は胃袋を掴め!」とまるでしきたりやことわざの様な言葉があるのですが、
これは多くの女性そして男性からも聞く事ができます。

料理は生活の基本なので、これがダメだと男性は離れてしまう可能性も。
知り合いに、結婚して「奥さんが料理を作らなかった」というだけで離婚してしまったご夫婦もいました。
彼らの様に「結婚して」からでは離婚という形しかないですが、
その前に同棲する事でお互いの事を良く知る事ができますよね。

同棲を考えている女性にアドバイスさせて頂けるとすれば、
同棲する前に料理の腕を磨く事をお薦めします。
同棲した後から料理の腕を磨くというのもアリだと思いますが、
全く持って料理の腕に自信が無い方は、彼氏を失望させてしまう事もあるかもしれません。

あと、金銭的に余裕がある方には、脱毛も受けて欲しいところです。
一緒に住むようになるとムダ毛の処理もなかなかゆっくりできなくなりますからね...。
参考:ミュゼ 伊勢崎

同棲を始めれば必ず付いて回るのは食事。
きっと彼はそれを一番期待していると思います。
中には同棲する前から手料理を振る舞っている方も居るかもしれませんが、
きっとデートはほとんど外食では無いでしょうか?
あなたの料理の腕前は彼にはほとんど分からないはず。
同棲し始めてから料理の腕を磨くまでに時間がかかってしまったら、
その間彼のあなたへの点数はどんどん減点されていくでしょう。

もちろん、不器用ながらに頑張って腕前が上がっていけば喜びもひとしおですが、
食事と言う物は1日に3回、毎日です。
生活の軸となる部分が得意な女性と不得意な女性、あなただったらどちらを選びますか?

やはり同棲する前に料理の腕を磨いて、初めての食事で彼を虜にしたいですね。

apron.jpg

同棲を始めるにあたって、色々なことを考える必要があります。

そのなかのひとつとして、部屋のことも考える必要があります。
同棲する部屋はDIYでおしゃれにすることがおすすめです。
DIYとは、Do It Yourselfの略語で、自身で作ろうという意味です。
つまり、専門の業者に頼らずに自分自身の手でお部屋をより快適でおしゃれな空間にしようということです。

同棲する部屋をDIYでおしゃれにすることには、いくつかのメリットがあります。
まず、業者に依頼する必要がないので費用が少なくて済むという点です。
同棲を始めるとき、新しい家電や家具の費用、家賃や物件の初期費用など様々な費用が必要となります。
そんな中で部屋作りにたくさんのお金をかけられないという方は多いと思います。
DIYは自分で材料を選んで部屋を作り上げますので費用があまりかからないのです。

また、自分たちの好みの部屋にすることが出来ます。
ナチュラルテイスト、ヨーロッパ風などと理想の雰囲気のお部屋を実現することが出来ます。

棚や小さな家具などは初心者でも簡単に組み立てられるものが販売されていますし、
壁紙などは簡単に貼ることができるものも多くあります。
百円ショップで調達できる材料もあり、安い費用でおしゃれな部屋をつくることが出来るのです。

同棲する部屋を自分たちの好みにすることで、毎日の生活が楽しくなりますし、
二人で作り上げることによってより絆が深まります。
同棲を始めるときにはDIYでおしゃれな部屋をつくりましょう。

恋人がいる方は、好きな人とずっと一緒にいたいと考えて同棲を開始される方が多くいます。
これは、好きな人がいる誰もが共通して考えることです。
ですが、同棲を始めては良いものの、
一緒に生活する中でケンカが多くなり別れてしまうというケースも多くあります。

kenka.jpg

そこで、ここでは同棲中によくあるケンカとその対処方法をお教えします。

まず一番同棲中によくあるケンカは、お金の問題です。
たとえば、電気代や生活必需品、食費などどちらが払うのかでトラブルになりがちです。
ですから、同棲前にはきちんと話し合って、
家賃、電気代、通信費・食費などどちらがどのくらい負担するか決めておくと良いです。
男女で収入差があることが多いので、支払うものに対して負担割合を設定しておくと良いです。
また、緊急でお金が必要になった場合のために、共用の口座を作っておくのもいい考えです。

もうひとつ、同棲中によくあるケンカは、
どちらかが無断で外泊したり、夕飯に間に合わず遅くなったりすることです。
このようなケンカを防ぐには、お互いのスケジュールをきちんと理解しておくことが大切です。

たとえば、外泊しなければいけないことは、きちんと電話で報告するというルールを作ります。
また、晩ご飯のいらない日や帰りが遅くなる場合も、事前に報告するようにします。

お互いに違う環境で育ってきたもの同士が一緒に生活するので、衝突するのは当たり前です。
その時にきちんと話し合って解決することが重要です。

家賃の負担割合は基本的には折半がいいでしょう。

これが夫婦の場合には折半である必要がありませんが、
同棲の場合はできるだけ折半にしてください。
一人暮らし用の物件に比べて二人用の物件は少し高くなりますが
折半すれば一人暮らし用の物件よりも安くなるからです。

また片方だけが支払う状態ですと万が一別れた時にトラブルになることもあります。
家賃を全額負担していた相手が半分支払えと言うこともあるからです。

元々支払能力がある場合にはいいのですが、
そうでない場合はしつこく支払うように言われる場合もあります。
酷い場合にはストーカーになることあります。

この場合は法律上決して支払う必要はありませんが、
トラブルの原因となることはやめたほうがいいでしょう。
そして万が一DVにあってしまった場合でも
自分が半額支払えるだけ能力を持っていれば我慢せずに家を飛び出せます。
自分が家賃を一円も負担していない場合には
出ても行く当てがないからと我慢することも多いのです。

割合については折半がお互い対等でいられるのでいいのですが、
そのカップルによる理想の割合がありますので決してこれが正しいということはありません。
収入が多い相手がいるならそちらのほうが多く支払うようにするのも方法です。
しかし収入の低い人に合わせて物件選びをしたいものです。

同棲には家賃の他にも光熱費や食費などもかかります。
それらも暮らす時には話し合いをするのがいいでしょう。
同棲は自分のために自由に使えるお金が限られてしまう、ということもあるかもしれません。
そんな時はこんな格安サイト(→宮城の脱毛)でリフレッシュしてみてください。
自分の予算範囲内で特別な時間を過ごせるのであれば誰も文句はいわないでしょうね。


好きな人が出来て、その恋は成就し、さて、一緒に住むことが決まった!
そんな同棲前が、実は恋人達の一番幸せな時かもしれません。
まだ生活に夢があるからですね。

実際に始めてみると、そこにあるのは普通の生活。
一緒に住んでいるが故のすれ違いなども出てきてしまいますが、それは双方の努力でうめるべき問題です。

ここで必ずやっておきたいのが、同棲するにあたってのルール作りです。
これを忘れると、どちらか一方に負担がかかってしまい愛も恋も冷め切ってしまう、ということになりかねません。

家事の分担は特に重要です。
女性が、若くてセックスも出来る「母親」になってしまわないためにはここは必ず同棲相手の教育をしましょう。
まだ結婚していない場合、男性側にも女性側には相手の扶養義務はありません。
お互いに仕事を持っているのであれば、家事は必ず分担しましょう。
得て不得手が人間には必ずありますから、
お互いに不得手はものは相手が補うというようにすれば摩擦も少なくなります。

例えば料理は作るけど、後片付けは相手の仕事、とか、
洗濯は自分がするけどお風呂の準備や掃除は相手、といったように。

この家事分担をしっかり決め、それを実行できたならば
結婚に移行して妻が妊娠出産などで家事が出来なくなった時にも男性も困りません。
それで家庭がさめることもなくなるでしょう。

同棲している時には責任がありません。
その時が、相手を望み通りの男や女に教育するチャンスなのです。

恋人同士の時には、お互いに一番いい顔しか見せていません。
一人でいる時の散らかった部屋とか、だらしがなくリラックスした時間など見せられないからです。

結婚前に同棲したみたほうがいいのはこのためです。
お互いのことを分かるには、生活を共にする、同棲が一番よいでしょう。
価値観は表からではわかりません。
「この人は、こんなことにこだわるのか」というような些細なことから、金銭感覚、
いろいろなものに対する価値観がすべて丸見えになってしまうのが同棲です。

ひとりぐらしが長い女性には分かるのではないかと思いますが、
女性はひとりになってから髪や爪や寝る前に美容面でもリラクゼーションの面でも癒しの時間が必要です。
また、彼と住んでいないときは会う前だけしていたムダ毛処理も日常でしなければならなくなるので
とてもめんどくさく感じてしまったりもします。
(そんな人にはミュゼ 北海道がイチオシ★)

そもそも、仕事をして疲れて帰ってきてすぐ家事というのは考えられません。

しかし、結婚生活が始まればそんなことは言ってられないもの。
その予行演習にも同棲してみることは有効です。
相手の寝る時間、起きる時間の違い、
一緒にテレビを見ているときに言う一言一言から感じるお互いの価値観の違いに驚くこともあるでしょう。

価値観の違いが認められないと、結婚生活を始めてもすぐに破たんしてしまいます。
お互いの気持ちを分かること、思いやれることが長い生活の中では、最も大切なことです。
これはお互いのいい面、悪い面、嫌なところすべてをさらけ出して初めて理解しあえることです。
二人の結婚生活を最もイメージしやすいため、籍を入れたり、式をする前に、同棲をする若者が増えています。

彼氏と同棲することは、いつでも一緒に好きな人といられるので楽しい!
と良いイメージが先行してしまいがちです。

しかし、もともとお互いに全く違う家庭環境で育っているので、
一緒に住むにつれて色々ともめることが多々あります。
彼氏と同棲した結果、上手くいかなくなり別れてしまったというカップルも存在します。
こうした事態を防ぐためには、一緒に暮らす上でルールをつくる必要があります。

そこで、ここでは彼氏と同棲する時に決めておきたいルールをお教えします。

まず最初に決めておきたいことは、お金に関することです。
どっちが家賃を支払うのか、生活必需品、食費はどちらが払うのか、
一緒に生活していくともめてしまうことが多いです。
ですから、事前にお金の支出の役割分担を行いましょう。
たとえば、トイレットペーパー、洗剤などの絶対に使う必需品は折半、
家賃については男性のほうが多く支払うなど細かくお金のルールを決めておきましょう。

その次に決めておきたいルールとして、家事のルールがあります。
よくあるケースとして、家事はすべて女性任せにするという男性が多くいます。
これでは女の負担は増えるばかりです。
ですから、同棲をする場合は、家事のお互いの役割分担を決めておくと良いです。
例えば、朝食や夕食などの食事は彼女が作る、一方のゴミ捨てや部屋の掃除は彼氏がやるというように
家事を平等に行うように分担すると良いです。

上記を参考にすれば、争いがなくなります。